【クルクエ】パーティの組み方について

クルクエ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、KiKiです。

今回のテーマはこちら。

パーティってどう組めばいいの?

決闘場でおすすめのパーティは?

どれだけ強い勇者を持っていても、パーティの組み方が悪いと真価を発揮できません。

これは各コンテンツで共通ですが、中でも決闘場は無課金でもダイヤを集められるため特に重要です。

  • パーティ構築のコツ
  • 決闘場でおすすめのパーティ

こんなことがわかる記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パーティ構築のコツ

3チェーン型はパーティに1人だけ

3チェーン型の勇者をパーティに入れる場合は、1人だけにしましょう。

2人以上入れてしまうと、どちらかの3チェーンが作りにくくなってしまうためですね。

こんな感じでブロックが流れてきた場合、Aの1チェーンかBの2チェーンを消さなければ、3チェーンを作ることができません。

このようなブロック事故を防ぐためにも、3チェーン型の勇者は1だけにしましょう。

味方の3チェーン後にブロックを使う勇者も1人だけ

味方の3チェーン後にブロックを使うタイプの勇者も、パーティに入れる場合は1人だけにしましょう。

2人以上入れてしまうと、どちらかの勇者が何もできない状況が発生してしまうためですね。

こんな感じでブロックが流れてきた場合、中央の2ブロックを消せばAはスキルを発動できますが、Bは再度ブロックが流れてくるまで何もできません。

このようなブロック事故を防ぐためにも、味方の3チェーン後にブロックを使うタイプの勇者も1人だけにしましょう。

1チェーン型と3チェーン反応型は複数入れてOK

1チェーン型3チェーン反応型の勇者については、パーティに複数入れて大丈夫です。

1チェーン型はブロックを1個使うだけで機能するため、ブロック事故の影響を最も受けません。

3チェーン反応型についても、自身のブロックを使わなくてもスキルを発動できることから、先ほど紹介したようなブロック事故の影響を受けにくいです。

どちらの勇者も基本的には3チェーン型のサポートととして使いますが、他にもいろんな使い方ができるのでいろいろ試してみましょう。

決闘場でおすすめのパーティ

あくまで個人的にですが、決闘場では全員1チェーン型を使うのがおすすめです。

3チェーン型はブロック事故が起きやすく、速攻が基本の決闘場では何もできないまま負けてしまうことがよくあるためですね。

全員1チェーン型ならその心配がなく、ブロックをポチポチ消すだけでいいので作業的な意味でもおすすめです。

どうしても3チェーン型を使いたい場合は、リーダーのブロックを2個生成してくれるアイテムや、プリーストの契約限定勇者マルペイを活用しましょう。

パーティ構築まとめ

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

MEMO
  • 3チェーン型はパーティに1人
  • 3チェーン後にブロックを使うタイプも1人
  • 1チェーン型と3チェーン反応型は複数でもOK
  • 決闘場は全員1チェーン型がおすすめ

各ステージのクリア記録なども参考にして、シナジーの高いパーティを構築していきましょう。

初心者の方におすすめの記事をまとめてみたので、こちらも参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クルクエ
フォローはこちら
訊きブログ