【クルクエ】果樹園のおすすめの使い方

クルクエ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、KiKiです。

今回はステータス強化に欠かせない実を栽培できる、果樹園の使い方についてご紹介します。

  • 果樹園の概要
  • 報酬の増やし方
  • おすすめの使い方

こんなことがわかる記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

果樹園の概要

果樹園では5つの農地に勇者を派遣することで、ステータス強化に必要な実を栽培できます。

どの実を栽培するかは自由に決められるほか、特定の条件を達成すると報酬量が増加する仕様です。

勇者団ランクの経験値やゴールド稼ぎも行えるので、初心者の方も積極的に利用しましょう。

栽培で手に入る報酬

栽培で得られる報酬は基本・豊作・追加の3種類が存在します。

今後の解説の都合で分類しているだけなので、特に覚える必要はありません。

報酬の増やし方

属性持ち・レア農地を利用する

農地には攻撃や防御といった属性を持つものが存在し、農地と同じ属性の実を栽培すると豊作報酬を獲得しやすくなります。

稀に全属性に対応したレア農地も出現するので、豊作報酬を増やしたい場合はこれらを利用しましょう。

各農地のボーナス条件を達成する

各農地には「ウォリアークラスの勇者を〇人派遣」などの条件が設定されており、これを達成すると追加報酬を獲得しやすくなります。

画面右下のおすすめボタンを押せば、最適な組み合わせを自動で選んでくれるので活用しましょう。

栽培時間を増やす

栽培時間は4・6・8・12時間のいずれかを自由に選択でき、長さに応じて報酬量が増加します。

ただし6時間以上の栽培には生命の清水というアイテムが必要になるので、実施する際はシナリオ周回などで事前に集めておきましょう。

助手を配置する

果樹園ではゴールドやダイヤを消費して、様々な能力を持った助手を雇用することができます。

配置すると全ての農地で能力が適用されるため、可能な範囲で雇用していきましょう。

ただし栽培時間を減少させる能力は恩恵が少ないことから、雇用するなら豊作確率・追加報酬アップ系の助手がおすすめです。

また釣りと違って得られる報酬がほぼ実だけなので、ダイヤを使ってまで雇用する必要性は低い点に注意しましょう。

効率的な使い方

現状では生命の清水は果樹園でしか使い道がないため、基本的には12時間で栽培するのがおすすめです。

ただし別の使い道が今後実装される可能性もあるので、気になる方は4時間でこまめに栽培すると良いでしょう。

最近の果樹園事情について

最近では特定の時間にログインするだけで伝説・万能の実が手に入ることから、果樹園を積極的に利用する必要性が無くなってきています。

なんなら金策用の施設と割り切ってもいいレベルなので、育成用の実が欲しい場合は1日3クルクエの方を利用しましょう。

まとめ

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

MEMO
  • ステータス強化に欠かせない実を栽培できる施設
  • 農地と同じ属性の実を栽培すると豊作確率アップ
  • ボーナス条件を達成すると追加報酬確率アップ
  • 助手は豊作確率や追加報酬アップ系がおすすめ
  • 育成用の実は1日3クルクエでゲットしよう

不要な実や樹液を売却すれば結構な金策になるので、ゴールド不足の方も積極的に利用しましょう。

初心者向けの攻略記事をまとめてみたので、こちらもよければご参考ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クルクエ
フォローはこちら
訊きブログ