【クルクエ】拳王ジョブン【勇者紹介】

クルクエ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、KiKiです。

今回はパラディンの契約限定勇者、拳王ジョブンについてご紹介します。

  • ジョブンの特徴
  • 難点
  • 使い方
  • 相性が良い勇者

こんなことがわかる記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョブンの特徴

全勇者中トップクラスの攻撃力バフを持つ

攻撃を5回受けると金剛神状態となり、攻撃力が500%増加し、受けるダメージが30%減少します。

攻撃力バフの数値は全勇者の中でもトップクラスで、他の勇者のバフなしでも1発で数十万ものダメージを与えられます。

耐久力の高いタンクも一撃で倒せるほどの火力を持つことから、決闘場では多くのプレイヤーに使われていますね。

攻撃を受けるごとにブロックを生成できる

攻撃を受けるごとに自身のブロックが生成されるため、先ほど紹介した高火力ダメージをコンスタントに与えられます。

クールタイムが1秒設定されているものの、ほとんどの敵は常に何らかの攻撃をしてくることから、毎秒ブロックを生成できると言っても過言ではありません。

ブロック事故の影響をほとんど受けない点やリーダーでなくても機能する点なども、決闘場でよく使われている理由の1つですね。

ジョブンの難点

パーティ構成や活躍できるコンテンツが限られる

パッシブスキルを発動するには攻撃を5回受ける必要があるため、タンクや回避バフを持つ勇者と相性が悪いです。

ジョブンを運用する際はこれらの防御手段を使わずに、攻撃を5回耐えられるパーティを作らなければなりません。

また敵の数や攻撃頻度によってスキルの発動しやすさにバラつきが出ることから、ボス戦は基本的に苦手としている点にも注意しましょう。

ジョブンの使い方

難点でも触れたようにボス戦は基本的に苦手としていることから、ジョブンは決闘場で使うのがおすすめです。

タンクや回避バフを持つ勇者とは相性が悪いので、アリアやゲロニカのような耐久力バフ・バリアスキルを持つ勇者と一緒に使いましょう。

アンカークラッシュを覚えさせると鄭成功などの回避パーティに対して強くなるほか、復活オプション付きのリングも装備しやすくなります。

トップクラスの攻撃力バフを活かして回復の光を覚えさせるのもありなので、いろいろ試行錯誤してみてください。

武器オプション特殊スキル刻印
会心率&会心ダメージアンカークラッシュ
回復の光
貫通力

ジョブンと相性が良い勇者

ジョブンと相性が良い勇者を考えると、


ヴィクトリア
・範囲内の味方が受けるダメージを防御力の200%だけ無効化する
・ヴィクトリア単体ではうまく機能しないのでアリアなどと一緒に使うのがおすすめ

アリア
・1ブロックで自身の防御力・抵抗力の数値を味方全体に付与できる
・ジョブンのステータスを考慮すると防御力に特化するのがおすすめ

ゲロニカ
・味方が3チェーンを使うか自身が攻撃されるとスキルを発動する
3種類の耐久力バフバリアによってジョブンのスキルが発動しやすくなる

この辺りが候補に挙がりますね。

まとめ

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

MEMO
  • トップクラスの攻撃力バフにより凄まじい火力を持つ
  • ブロック生成スキルのおかげでコンスタントにダメージを与えられる
  • スキルの性質上パーティ構成などが限定されてしまうのが難点
  • 決闘場で使うのがおすすめ
  • アリアやゲロニカなどと相性が良い

速攻が基本の決闘場において5回攻撃を受けるというのは、正直に言ってかなり悠長です。

ジョブンはそのようなデメリットを覆すほどのポテンシャルを持っている勇者なので、手に入れたら育ててみましょう。