【クルクエ】深淵の崇拝者シューブ【勇者紹介】

クルクエ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、KiKiです。

今回はプリーストの契約限定勇者、深淵の崇拝者シューブについてご紹介します。

  • シューブの特徴
  • 難点
  • 使い方
  • 相性が良い勇者

こんなことがわかる記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シューブの特徴

貴重なダメージ増減スキルを持つ

ブロックを使うと5秒間体力が最も低い味方を信仰状態に、体力が最も低い敵を供物状態にします。

信仰状態となった味方は受けるダメージが40%減少し、供物状態となった敵は受けるダメージが40%増加します。

効果量に対して発動条件がとても簡単で、後者については討伐やイベントなどのボスが単体で出現するコンテンツで特に有効です。

決闘場でも敵の後衛アタッカーを倒しやすくなるなど、使い勝手の良いダメージ増減スキルを持った勇者と言えるでしょう。

供物状態の敵に追加効果を与える

供物状態の敵が状態異常を受けるごとに、3種類の追加効果を順番に発動します。

お告げ・味方全体が受けるダメージを2回まで無効化
報復・攻撃力の600%の魔法ダメージを2回与える
・敵に掛かっている強化効果を解除
崩壊・最大体力の15%の無属性ダメージを与える
・命中した敵を1秒間スタンさせる
・身代わり無視

発動条件が少し面倒ではありますが、シューブ1人で攻撃・支援・妨害を行うことができます。

崩壊のスタンや身代わり無視を考慮すると、こちらは決闘場向きのスキルと言えるでしょう。

シューブの難点

回復力が低い

シューブはブロックスキルでしか味方を回復できず、回復対象も1人だけという点から、ヒーラー目的で使うのは難しい印象です。

決闘場なら特に問題ありませんが、討伐やイベントで使う際は別のヒーラーと併用すると良いでしょう。

敵の数が多いコンテンツは苦手

味方の与ダメージを簡単に増やせる便利なスキルですが、供物状態にできるのは最大で1人だけです。

敵が大量に出現するコンテンツで1人だけ弱体化しても効果が薄いことから、シナリオや挑戦は苦手としている点に注意しましょう。

シューブの使い方

敵の数が多いコンテンツは苦手としていることから、シューブは決闘場・討伐・イベントで使うのがおすすめです。

決闘場の場合

決闘場では身代わり無視のスタンなどを活用するために、なるべく敵全体にデバフを掛けられる勇者と一緒に使いましょう。

特にライオンマスクが召喚するリングは範囲内の敵に命中デバフを掛け続けるため、シューブのスキルも毎秒発動することができます。

2人ともスタン攻撃を持っている点も相性が良いので、持っていたら組み合わせてみましょう。

武器オプション特殊スキル刻印
会心率+会心ダメージリザレクション
女神の怒り
女神の祈り
貫通力

討伐・イベントの場合

討伐やイベントではダメージ増減スキルが主な役割なので、デバフを掛けやすい勇者とセットでなくても構いません。

ただし難点でも触れたようにシューブは回復力が低いことから、別のヒーラーと併用するなどの対策をお忘れなく。

武器オプション特殊スキル刻印
会心率+会心ダメージ女神の加護
ドネーション
女神の祈り
貫通力

シューブと相性が良い勇者

シューブと相性が良い勇者を考えると、


鄭成功
・1ブロックで味方全体の回避を40増加し、敵全体の命中を40減少させる
・敵全体にデバフを掛けられるためシューブのスキルを発動しやすくなる

カイン
・状態異常中の敵を攻撃すると3秒間スタンさせる
・カインも攻撃力デバフを持っているためお互いにスキルを発動しやすくなる

ライオンマスク
スタン攻撃命中デバフで敵を妨害できるタンク型勇者
・リングのおかげでシューブのスキルを発動しやすくなる

この辺りが候補に挙がりますね。

まとめ

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

MEMO
  • 貴重なダメージ増減スキルを持つ
  • 供物状態の敵に追加効果を与える
  • 回復力が低く、敵の数が多いコンテンツは苦手
  • 決闘場・討伐・イベントで使うのがおすすめ
  • カインやライオンマスクなどと相性が良い

攻撃系のバフとは別枠で火力を上げられるのが、ダメージ増加スキルの優秀なところです。

このスキルの持ち主はシューブを含めて数人しかいないので、余裕があれば育てておくと良いでしょう。