【クルクエ】ラッキーガイ リッキー【勇者紹介】

クルクエ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、KiKiです。

今回はプリーストの契約限定勇者、ラッキーガイ リッキーについてご紹介します。

  • リッキーの特徴
  • 難点
  • 使い方
  • 相性が良い勇者

こんなことがわかる記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リッキーの特徴

リーダーのブロックを3個も生成できる

自身のブロックを2個使うごとに、リッキーを除くリーダーのブロックを3個生成します。

リーダーのスキルを発動しやすくなるのが特徴で、特に3チェーン型勇者と相性が良いですね。

クールタイムが2秒あるため連発することはできない点や、リッキーをリーダーにしても意味がない点には注意しましょう。

トップクラスの会心率・命中バフを持つ

自身のブロックを2個使うごとに、4秒間味方全体の会心率・命中を100%増加します。

バフの効果量が非常に多く、会心抵抗や回避が高めに設定されている敵に有効です。

投書箱の「スキル発動中は常時会心ヒットする」という書き込みが気になったので、会心抵抗を増加できるカイネウスを使って実験してみました。

勇者の体力ゲージの下に靴のバフアイコンがあるのでリッキーのスキルは確実に発動していますが、逃亡者ファーガスの攻撃が通常ヒットしています。

私自身この検証をするまで勘違いしていましたが、常時会心ヒットというわけではないようですね。

リッキーの難点

回復力が低い

リッキーの回復力はチェーン数に応じて(3,000/5,000/7,000)となっています。

ゲームの序盤であれば特に気になりませんが、高難度コンテンツの攻略ではやや頼りない数値です。

回復力が高いヒーラーと併用するか、ダメージ減少系の特殊スキルを覚えさせると良いでしょう。

リッキーの使い方

強力な会心率・命中バフを持っていることから、リッキーは挑戦や討伐で使うのがおすすめです。

単純なバフ役としてだけでなく、スキルの発動に会心ヒットが必要な勇者のサポート役としても活躍できます。

決闘場ではブロック事故でバフを掛けられない不安はあるものの、長期戦になりがちな回避特化パーティに有効です。

弱点である回復力の低さも決闘場でなら無視できるので、色々と試してみましょう。

武器オプション特殊スキル刻印
ダメージ減少x2女神の祈り
女神の加護
体力+ダメージ減少

決闘場以外では他のヒーラーと併用することが多いので、特殊スキルは女神の祈りにしてブロック生成に特化するのもありですね。

リッキーと相性が良い勇者

リッキーと相性が良い勇者を考えると、


モーガン
・高火力だがスキル発動時に命中が大幅に下がってしまう勇者
・リッキーの命中バフだけでは足りないものの相性は良い

セシリア
・3チェーンでブロックスキルの強化や貫通力バフなどが発動する
・会心ダメージバフも持っているのでリッキーと相性が良い

会心ヒットが必要な勇者
スキルの発動に会心ヒットが必要となる勇者全般と相性が良い
・例としてはウォリアーのマーレやウィザードのルニャンなど

この辺りが候補に挙がりますね。

まとめ

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

MEMO
  • リーダーのブロックを3個も生成できる
  • トップクラスの会心率・命中バフを持つ
  • 回復力が低いのが難点
  • 挑戦や討伐で使うのがおすすめ
  • モーガンやセシリアなどと相性が良い

回復力に難はあるものの、会心率・命中バフの効果量は全勇者の中でもトップクラスです。

特定のイベントなどで刺さる可能性が高い勇者だと感じているので、余裕があれば育てておくと良いでしょう。