【クルクエ】ルートヴィヒ・メタル・バッハ・ジョムレ【勇者紹介】

クルクエ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、KiKiです。

今回はハンターの契約限定勇者、ルートヴィヒ・メタル・バッハ・ジョムレについてご紹介します。

ジョムレの特徴
難点
使い方
相性が良い勇者

こんなことがわかる記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョムレの特徴

滞空状態で3チェーンを量産できる

3チェーンを使うと空中に飛び上がり、その状態で自身を含む味方のブロックを使うごとに攻撃力の1,500%の物理ダメージを与える赤い音符を発射します。

他の味方のブロックを使った場合は赤い音符が3チェーン扱いになるため、チャンピオンのアクティブスキルと合わせるだけで3チェーンを量産できるのが特徴です。

3チェーン反応型の中でもガオウやハルラといった、単発スキル持ちの起動役として使いやすい勇者と言えるでしょう。

味方全体の攻撃力と貫通力を強化できる

赤い音符を発射すると、2秒間味方全体の攻撃力と防御貫通力が50%増加します。

ジョムレ以外にも効果があるのが特徴で、貫通力バフや防御力デバフを持たないアタッカーをサポートすることもできます。

このような全体バフはマルチプレイでも非常に有効なことから、今後実装される討伐でも活躍できそうですね。

ジョムレの難点

ブロック生成スキルなしだと滞空状態を維持しにくい

勇者やチャンピオンによるブロック生成手段がない場合、滞空状態を維持しにくいのが難点です。

特に決闘場では速攻が決まらないと息切れしてしまうため、カイネウスなどのブロック生成スキルを持つ勇者と一緒に使うようにしましょう。

ジョムレの使い方

決闘場の場合

決闘場ではカイネウスウルフラムと一緒に使うのがおすすめです。

ウルフラムを連れて行けばジョムレを1ブロックで浮かせられるため、初動がかなり安定します。

ただし一度に浮かせられるのは1人かつ再発動までにクールタイムが5秒あることから、必ずジョムレのブロックから使うようにしましょう。

武器オプション特殊スキル刻印
会心率+会心ダメージ必殺の魂貫通力

挑戦の場合

挑戦ではチャンピオンのおかげで起動も滞空維持も安定するため、ウルフラムなどを連れて行かなくても構いません。

ただしエデンバルク市街戦では、遠距離攻撃耐性を持つボスが登場します。

高火力かつ優秀なバフを持っていますが、使いどころはしっかり選ぶようにしましょう。

討伐の場合

ラプチャー第2研究所ではアーチャーのアウレアと組み合わせることで、ソロでも比較的速いタイムで周回できます。

プリーストの楓がいればさらに効率的になりますが、オルフェオやチャイなどでも代用可能です。

ジョムレと相性が良い勇者

ジョムレと相性が良い勇者を考えると、


ガオウ
・他の味方の3チェーンに反応して高倍率の物理ダメージを与える
・ネックだった貫通力不足をジョムレのバフで補える

アウレア
・他の味方の3チェーンに反応して高倍率の物理ダメージを与える
全てのスキルが身代わりを無視するため、NS000戦での適性が高い

ウルフラム
・ブロックを使った味方を空中に浮かせられる
1ブロックでジョムレが滞空できるため、決闘場での安定性が高まる

ハルラ
・味方の3チェーンに反応して4種類のバフが発動する
リーダーのブロックを生成できる点も優秀

この辺りが候補に挙がりますね。

まとめ

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

MEMO
  • 滞空状態で3チェーンを量産できる
  • 味方全体の攻撃力と貫通力を強化できる
  • ブロック生成スキルなしだと滞空状態を維持しにくいのが難点
  • 決闘場ではウルフラムやカイネウスと組むのがおすすめ
  • 挑戦や討伐では使いどころをしっかり選ぶように

Twitterで見かけて気が付きましたが、ジョムレはRWBYコラボで実装されたルビーの恒常化バージョンなんですね。

コラボ勇者難民の方にとってはありがたいことだと思うので、今後もやって欲しいところです。