【クルクエ】破魔ベアトリーチェ【勇者紹介】

クルクエ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、KiKiです。

今回はプリーストの契約限定勇者、破魔ベアトリーチェについてご紹介します。

  • ベアトリーチェの特徴
  • 難点
  • 使い方
  • 相性が良い勇者

こんなことがわかる記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベアトリーチェの特徴

火力と耐久力を同時に強化できる

回復を受けた勇者の最大体力量・攻撃力・防御力・抵抗力の数値が、ベアトリーチェの各能力値の分だけ増加します。

増加量については最大体力量が10%攻撃力・防御力・抵抗力が100%となっています。

火力と耐久力を同時に強化できるため、様々なコンテンツを安定して攻略しやすくなるのが特徴です。

体力が50%以下の勇者に追加効果

回復を受けた勇者の体力が50%以下だった場合、攻撃力・防御力・抵抗力バフの効果量が2倍になります。

意図して狙うにはやや難しい条件ですが、高難度コンテンツなどで負けそうになっても体勢を立て直しやすいのが特徴です。

ブロック生成については練習モードで検証したところ、スキル説明文と実際の挙動が異なっている感じでした。

体力が50%以下かつベアトリーチェのバフを受けた状態再度回復を受ける、これが条件のようなので注意しましょう。

ベアトリーチェの難点

状況次第では回復が追い付かない

1・2チェーンでは味方を1人しか回復できないことに加えて、ブロック使用時のモーションがかなり長いのが難点です。

攻撃頻度の低い相手なら問題ありませんが、敵の火力が高かったり数が多すぎると回復が追い付かなくなる場合もあります。

  • ダメージ減少系の特殊スキルを使う
  • アタッカーに吸血リングを装備させる
  • 味方全体を同時に回復できる3チェーン型で運用する

ベアトリーチェを使う際はこんな感じで短所をカバーしていきましょう。

耐久力バフは特化しないと機能しづらい

ベアトリーチェのバフで味方の防御力・抵抗力を1,000前後増やしても、後半のコンテンツになるほど機能しづらいのが現状です。

エンドコンテンツのボスは貫通力がかなり高く設定されているほか、決闘場では女神ベーラなどの無属性攻撃に効果がないためですね。

パーティの耐久力を強化する目的でベアトリーチェを使う際は、刻印で防御力・抵抗力を強化しておくと良いでしょう。

ベアトリーチェの使い方

高難度コンテンツでも体勢を立て直しやすいスキルを持っていることから、ベアトリーチェは挑戦や試練で使うのがおすすめです。

基本的にはリーダーで使うのがおすすめですが、チャンピオンのブロック生成スキルを利用すればサブでも3チェーンを撃ちやすくなります。

決闘場でも使えないことはないものの、ほぼ同じようなスキルを持つ昇級勇者アリアの方が適性は高いので、こだわりがなければそちらを使いましょう。

武器オプション特殊スキル刻印
攻撃力x2
ダメージ減少x2
女神の加護
ドネーション
女神の祈り
リザレクション
体力+攻撃力
体力+ダメージ減少
防御力
抵抗力

武器オプションなどは選択肢が多く、アタッカーのようにこれと決まった構成は特にありません。

攻撃力に特化して火力や回復力を高めるのも良いですし、耐久力に特化してアリータなど一部の勇者と組み合わせるのもありです。

ゴールドや鉄に余裕がある場合は、超越武器を複数用意して役割ごとに使い分けると良いでしょう。

ベアトリーチェと相性が良い勇者

ベアトリーチェと相性が良い勇者を考えると、


エキドナ
・味方の3チェーンに反応して広範囲に無属性ダメージを与える
・スキルが25回ヒットするごとにリーダーのブロックを1個生成できる

ジョブン
5回被弾すると攻撃力が500%増加し、高倍率の物理ダメージを与えるようになる
・タンク型勇者と併用しづらいためベアトリーチェの耐久力バフが有効

耐久力依存スキル持ち
防御力や抵抗力依存のスキルを持つ勇者全般と相性が良い
・例としてはウォリアーのアリータヴィクトリアなど

ウィザード全般
耐久力の低いウィザード全般と相性が良い
・ベアトリーチェをリーダーで使う場合は3チェーン反応型の飛花など

この辺りが候補に挙がりますね。

まとめ

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

MEMO
  • 自身の能力値を回復させた勇者に付与できる
  • 体力が50%以下の勇者には効果量が2倍になる
  • ただし状況次第では回復が追い付かない場合がある
  • 耐久力バフは刻印などで特化しないと機能しづらいのが難点
  • 挑戦や試練で使うのがおすすめ
  • エキドナやジョブンなどと相性が良い

クルクエの初期から実装されている勇者のようですが、記憶が正しければ一度も能力調整を受けてないはずです。

にもかかわらず現役で使っているほど優秀な勇者なので、手に入れたら育てておくと良いでしょう。